レーザー治療とは?

レーザー治療とは?

出力の弱いレーザーをお鼻に照射することにより、粘膜の腫れ、むくみをとり、花粉やダニ、家のホコリなどに過敏になった粘膜の感受性を低下させる治療法です。副作用が無いことが大きなメリットです。

片鼻ずつ(1週間隔)レーザーを照射します。麻酔液を染み込ませたガーゼを鼻に入れ、局所麻酔をした後、レーザーを照射。手術といっても10分以内に終わります。効果の個人差がありますので、レーザーを数回照射します。

レーザー治療の特徴

長所 ・ 痛みがほとんど無い
・ 術後の一時的なかさぶたがつく期間が短い(~2週間)
・ 複数回照射すると効果的

お薬の効き方が人によって異なるように、レーザーの効果や持続期間も人によって異なります。

レーザー治療の流れ

下記にレーザー治療の受診の流れをご説明します。

1. 来院治療予約

疑問点など、カウンセリングを受けたい方は、一度受診をして頂いたうえで、レーザー治療の日をご予約ください。一度当院を受診されたことのある方で、アレルギー性鼻炎・花粉症と診断を受けている方はお電話での予約も可能です。

2. 通常処置・麻酔

予約日に来院頂き、通常通りお鼻の中を綺麗にした上で、お薬を染み込ませた綿ガーゼをお鼻の中に入れ、15分ほど置きます。ここで、麻酔が心配な方は、一度血圧と脈を測定します。15分後、再度綿ガーゼを入れ直して、さらに15分ほどお待ち頂きます。(この鼻ガーゼを入れている間が人によっては少し違和感があるかもしれません。)

3. 処置室でのレーザー治療

鼻の中で麻酔が効いた後に、処置室に移動して頂き、レーザー手術を行ないます。手術後に一時的に焼けた後にかさぶたが出来て、鼻の通りが悪くなることがあるため、基本的には初めてレーザーを受けられる方は片側の鼻だけを治療し、次回、もう片側の鼻のレーザー治療を行ないます。手術自体は3~5分ほどで終了します。鼻の内側をレーザーで照射するため、焦げ臭い臭いやツンとした刺激を感じますが、大きな痛みはありませんのでご安心ください。

4. 術後の注意事項の説明

レーザー治療後、簡単な注意事項のご説明を行ないます。当日の入浴も可能です。普段、アルコールを飲まれる方は、当日の飲酒についてはなるべく避けるようにしてください。

5. おつかれさまでした!

手術後、特に問題がなければ、そのままお帰り頂きます。当日は痛み止めのお薬を出しますので、必要に応じて決められた用量・用法に従って服用してください。

6. レーザー治療後

レーザー治療後、麻酔が切れたあとの2~3日は風邪の治りかけのように鼻水が出たり、またカサブタができて大きな鼻くそが出てきますが、心配はありません。皮膚が再生すると症状は改善に向かいます。症状がどうしてもつらい場合は当院に受診してください。

7. 再来院(2回目の手術)

片方の鼻の経過を見て、問題がなければもう片方の鼻も手術を行ないます。

8. 3回目の手術

両方の鼻の状況を診て、特に問題が無ければ、今度は両方の鼻に再度レーザーを照射します。こうすることで、治療効果が出る確率をぐっと高めることができます。

9. 治療終了

その後も1~2度様子を見るために受診して頂きますが、既にお鼻が快調になった場合は、早期に治療が終了できます。お疲れ様でした!効果を発揮することを期待しています!

(※花粉飛散時期直前や飛散中にレーザー治療を実施の場合は一度に両方のお鼻にレーザーを照射する場合もあります。)

レーザー治療の効果について

レーザー治療は保険診療内で行なうことができ、3割負担の方で片方のお鼻ごとに1回三千円前後です。有効率は70~80%といわれています。レーザー治療の持続期間は人によって個人差が大きいのですが、一般的には1~2年といわれています。よってレーザー治療を行ったからといって一生アレルギー性鼻炎のつらさから解放される、という訳ではないのですが、この治療には副作用がないために、効果が薄れた段階で再度治療を受けて頂くことが可能です。(実際に花粉症の苦しみから逃れられるようにと、効果が切れるまえに毎年定期的にレーザー治療を受けられる患者も多くいらっしゃいます。)

レーザー治療を受けることによって、顕著に効果が表れる方は、全く薬なしで満足して頂けたり、そうでなくとも薬の量や、期間を減らす事が可能だったりと、効果の個人差はあるものの、少ないリスクで症状の改善を期待できるという意味ではお勧めできる治療法であるといえます。

診療時間・休診日のご案内

診療時間表
受付時間
月~土曜 AM 8:45~、PM3:30~
日曜   AM 9:30~
日曜診察
毎月第1・3・5週
休診日
7・8・9月は日曜診察はありません
水曜日・土曜日の午後・
第2第4日曜日・祝日

PAGE TOP